安心安全なお茶をご家庭で、お茶通販サイトランキング

Home > お茶の選び方 > たまにはちゃんとしたお茶を飲みたい人は

たまにはちゃんとしたお茶を飲みたい人は

 ペットボトルが普及してきている現代では、お茶も気軽にコンビニで購入して飲む事が出来ます。そのため、急須で入れるお茶を飲む機会が無くなってきました。ですが、たまには本場のお茶を飲みたいものですよね。
 そんな人におすすめのお茶とは、一体何なのでしょうか。お茶の本場と言いますと、京都や静岡を想像するのではないでしょうか。お茶を探す時に重要になるのは、産地と製法になります。いくら有名な産地だからと言いましても、製法が違うだけで味も相当異なってきますので、注意が必要です。
 また、品質もいくつか種類がありますので、ちゃんとポイントを押さえておきましょう。


 玉露は茶葉が深い緑色でツヤがあります。針先のように細くとがっているという特徴があります。お湯を注ぐとうま味を多く感じることでしょう。また、煎茶は深い緑色でツヤがあります。細く硬いという特徴があり、うま味と渋みのバランスが丁度よく取れているお茶になります。
 深蒸し煎茶は、少し黄色がかった緑色をしているお茶です。お湯を入れると鮮やかな緑色になります。濃厚な味わいが特徴的です。
 そして、ほうじ茶や番茶は、煎茶に比べると葉が大ぶりという特徴があります。しっかりと乾燥させています。日本茶の多くは乾燥させていますので、保存方法が良くないと一気に品質を下げてしまいます。品質の悪いお茶は、本来のおいしさも失いつつありますので、購入をする際には十分に気を付けましょう。


 そして、日本茶を選ぶ際には、値段やブランドで決めてしまってはいけません。何故かと申しますと、好みは人それぞれだからです。渋みが好きだと言う人もいれば、渋いのは苦手だと言う人もいるでしょう。
 また、自分が持っている茶器に合うかどうかというのも非常に重要です。折角本場のお茶を飲むのであれば、急須などにも気を遣ってみて下さい。使用する道具を変えるだけでも、お茶の味わいを変えるかもしれません。また、お気に入りの茶器を購入すれば、お茶を購入するのも楽しくなりますよね。
 どんなお茶が良いのか解らないと言う人は、いきなりインターネット上で購入をするのではなく、お茶屋さんに行って相談をするのもおすすめです。お茶屋さんであれば、色んなお茶を試して飲んでみる事が出来ます。また、お茶の入れ方や飲み方のアドバイスを受ける事も出来ますので、安心してお茶を選ぶ事が出来るでしょう。是非、ペットボトルだけではなく、五感を磨いて自分だけのお茶を購入してみましょう。

次の記事へ

カテゴリー